「IT前提経営」が組織を変える 高柳寛樹

「IT前提経営」が組織を変える

ジャンル
ビジネス・経済 IT
配信日
2020年03月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「IT前提経営」が組織を変えるのあらすじ

 「IT前提経営」とは、「デジタルネイティブが中心となる時代において、適切なITを経営に導入することでビジネスを最大化するとともに、そこに関わる顧客や従業員を含む全てのステークホルダーを幸せにする経営の概念」を意味し、以下の6つの要素から成ります。   1. デジタルネイティブ理解   2. ノマド・ワーク   3. モビリティの向上   4. デジタルマーケティングの適切な運用   5. IoT×ビッグデータ×AI   6. クラウドサービスの適切な導入  このIT前提経営の考え方は、企業経営だけにとどまらず、教育現場や行政機関にも多くの示唆を与えます。  本書では、いまや喫緊の課題となったテレワークやオンライン授業をはじめ、さまざまなIT活用にいち早くチャレンジし、大きな成果を上げてきた著者が、具体的なエピソードを多数示しながら、その知見を丁寧に解説します。

1,584円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「IT前提経営」が組織を変えるのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP