死香探偵 哀しき死たちは儚く香る 喜多喜久 著

死香探偵 哀しき死たちは儚く香る

ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年03月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死香探偵 哀しき死たちは儚く香るのあらすじ

「君は私にとって、国家予算よりも価値のある存在だ」 潤平が嗅覚を失った? 風間とのコンビに危機が迫る――。 「死香」を食べ物の匂いとして認識する桜庭潤平。潤平の特殊体質に興味を抱く分析学のエキスパート・風間。これまで未解決事件を匂いで嗅ぎ解いてきた二人だが、ある日潤平が特殊な薬品をかけられ嗅覚を失ってしまう。風間は、潤平と同じ能力を持ちながら歪んだ思想をもつ月森の関与を疑うが――。

704円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

死香探偵 哀しき死たちは儚く香るのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

死香探偵 哀しき死たちは儚く香るを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP