やりたいことをやるために、好きなものを好きだと言うために、僕らは生まれてきたんだ。 著者:坂爪 圭吾

やりたいことをやるために、好きなものを好きだと言うために、僕らは生まれてきたんだ。

著者
著者:坂爪 圭吾
出版社
KADOKAWA
ジャンル
趣味・実用 趣味・実用一般
配信日
2020年03月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やりたいことをやるために、好きなものを好きだと言うために、僕らは生まれてきたんだ。のあらすじ

住所は地球、仕事は生きること。 定住せず定職もない著者の武器はたった一つ。それは、「自分を出してありのまま生きる」こと。 これさえできれば、大丈夫。一瞬で幸せになれる。あなたを否定する人の言葉に傷つかなくなる。 やりたいことをやるために、好きなものを好きだと言うために、僕らは生まれてきたのだから。 「1日1F」 1日1回、自分が恐れていることをやろう。F=Fear(恐れ)。あなたが「怖い」と思うこと、「自分らしくない」と思うことこそが、生き方を変えるヒントとなる。 「迷ったらGO」 生きているという実感が欲しかったらバカになれ。頭で考えるな。あまり難しく考えるな。深刻になるな。バカになれ。 「我慢をやめてみる」 誰もが自己中心的であることに勤めれば、意外と、世界は勝手に調和を保つようにできている(と思う)。 「希望を持て」 人間を磨耗させるのは「多忙な日々」でも「複雑な人間関係」でも「金銭的な不安」でもなく『希望の欠落』である。 「幸せになるのも、不幸せでいるのも、あなたの自由」 大好きなあの人は、自分を幸せにすることはできない。大嫌いなあの人は、自分を不幸にすることはできない。 自分以外の何者かになろうとするのではなく、自分の中にいる『自分』を総動員して生きよう。 物語の主語を「他人」ではなく「自分」に徹底しよう。 あなたはあなたのままで、最高で、最強だ。

1,540円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

やりたいことをやるために、好きなものを好きだと言うために、僕らは生まれてきたんだ。のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

やりたいことをやるために、好きなものを好きだと言うために、僕らは生まれてきたんだ。を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP