強欲「奴隷国家」からの脱却 非正規労働時代をマルクスが読み解いたら 浜 矩子

強欲「奴隷国家」からの脱却 非正規労働時代をマルクスが読み解いたら

ジャンル
社会・政治
配信日
2020年03月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強欲「奴隷国家」からの脱却 非正規労働時代をマルクスが読み解いたらのあらすじ

強いものがより強く、大きいものがより大きく――。 アホノミクスはこの国を21世紀版「大日本帝国会社」という名の国策会社にしようとし、その野望は完成しつつある。 庶民にあふれるあきらめと絶望に勇気を与え、安易なファッショに流されないための提言! もはや近代経済学では危機の予見が不可能な暴走する新資本主義社会において、マルクスの視点を読み込み、アップデートすることで私たちがなすべき答えを導き出す野心作!!

880円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

強欲「奴隷国家」からの脱却 非正規労働時代をマルクスが読み解いたらのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP