世界哲学史3 ──中世I 超越と普遍に向けて 伊藤邦武/山内志朗/中島隆博/納富信留

世界哲学史3 ──中世I 超越と普遍に向けて

ジャンル
人文・社会科学 世界史 人文・社会科学 その他
配信日
2020年03月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界哲学史3 ──中世I 超越と普遍に向けてのあらすじ

7世紀から12世紀まで、ヨーロッパでいう中世の前半は地中海の古典・古代文化がヨーロッパ各地に広がり、イスラームが成立して急速な広がりを見せた。中国やインドでも高度な形而上学が発展し、日本でも空海のような宇宙規模の形而上学が構想された。民族の大移動が始まり、諸帝国が成立すると文化が特定の地域に閉じこもらず、広がりを見せていった。こうした時代の諸伝統における多様な哲学を、「超越」と「普遍」をテーマとして設定し、相互の関連を重視しつつ論じる。

825円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

世界哲学史3 ──中世I 超越と普遍に向けてのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP