江戸幕府と儒学者 林羅山・鵞峰・鳳岡三代の闘い 著:揖斐高

江戸幕府と儒学者 林羅山・鵞峰・鳳岡三代の闘い

ジャンル
人文・社会科学 日本史 人文・社会科学 その他
配信日
2020年03月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸幕府と儒学者 林羅山・鵞峰・鳳岡三代の闘いのあらすじ

林家は、朱子学者・林羅山を始祖とする江戸幕府に仕えた儒官の家柄である。大坂冬の陣の発端となった方広寺鐘銘事件から、史書『本朝通鑑』の編纂、湯島聖堂の創建、大学頭叙任、赤穂浪士討ち入り事件への対応、そして新井白石との対立まで――。初代羅山・二代鵞峰・三代鳳岡は、歴代将軍の寵用と冷遇に翻弄されながらも、江戸期朱子学の確立に奔走した。その林家三代一五〇年の闘いと事績を描く。

946円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

江戸幕府と儒学者 林羅山・鵞峰・鳳岡三代の闘いのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP