筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。鎌倉の夜は、罪を隠さない 谷 春慶

筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。鎌倉の夜は、罪を隠さない

著者
谷 春慶
出版社
宝島社
ジャンル
文芸 小説 ミステリ
配信日
2020年03月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。鎌倉の夜は、罪を隠さないのあらすじ

東雲清一郎は、大学生活のかたわら書家として活動し、筆跡鑑定も行う超絶イケメン。だが、中身はトゲトゲなハリネズミのような毒舌家だ。おしゃれなカリグラフィー、図書館本の落書き、離別した父からの手紙、そして過去からのメッセージ――「気持ちに嘘はつけても、文字は偽れない」。そう断言する彼の秘密が、また一つ明らかになっていく……。古都・鎌倉を舞台に、文字と書、人の想いにまつわる事件を描くミステリー、第4弾!

693円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。鎌倉の夜は、罪を隠さないのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP