姫神さまに願いを~形見の夢標~ 藤原眞莉/鳴海ゆき

姫神さまに願いを~形見の夢標~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姫神さまに願いを~形見の夢標~のあらすじ

彼に今すぐ会わなければ、そればかり考え、カイがひたすら駆けてきた先は、春日山城。彼とは、越後の国主でありながら関東を仕切る管領職・上杉謙信。だが、城を目の前にした雪道でカイを待ち構えていたのは、星神たる摩多羅、テンだった。夕闇の中、カイに歩み寄ったテンは突然の「報せ」を静かに告げる。錫杖を泥道に転がし、両膝をついたカイの心には悼み悲しみよりもまず、戸惑いがあった。

506円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

姫神さまに願いを~形見の夢標~のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP