五弁の秋花―みとや・お瑛仕入帖―(新潮文庫) 梶 よう子

五弁の秋花―みとや・お瑛仕入帖―(新潮文庫)

著者
梶 よう子
出版社
新潮社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年03月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五弁の秋花―みとや・お瑛仕入帖―(新潮文庫)のあらすじ

看板娘のお瑛と兄の長太郎が切り盛りする雑貨屋『みとや』。一律三十八文が売りの小さな店だが、のんきな兄が鼻高々で仕入れてくるのは、おかしな品ばかり。大量の黄表紙、煙臭い市松人形、小花の簪、山ほどの下駄。訳あり品に秘められた下町人情、意外な縁、嫉妬の罠とは……。時代小説の名手が、背負った過去にも負けずに生きる人びとの姿を、しみじみと描き出す。好評シリーズ第二弾。(解説・中江有里)

649円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

五弁の秋花―みとや・お瑛仕入帖―(新潮文庫)のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP