屋久島殺人原始林 梓林太郎

屋久島殺人原始林

ジャンル
文芸 小説 ミステリ
配信日
2020年02月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

屋久島殺人原始林のあらすじ

長野県警諏訪署の刑事・道原伝吉の家では、娘の比呂子のために買った一眼レフのカメラをいじりながら団らんを楽しんでいた。 伝吉はその時、200ミリのズームカメラの距離を合わせる目盛りを見て、天狗岳で遭難死した男性のカメラの目盛りに不審を抱いた。 刑事の勘だった。それをきっかけに捜査を開始し、急きょ飛んだ鹿児島県の屋久島に飛んだ。そこでは、殺人事件が次々に起きていった――。 人情刑事・道原伝吉が南に飛び、北に向かう!

682円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

屋久島殺人原始林のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP