京都伏見のあやかし甘味帖 花散る、恋散る、鬼探し 柏てん

京都伏見のあやかし甘味帖 花散る、恋散る、鬼探し

著者
柏てん
出版社
宝島社
ジャンル
文芸 小説 ミステリ
配信日
2020年02月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都伏見のあやかし甘味帖 花散る、恋散る、鬼探しのあらすじ

元社畜の小薄(おすすき)れんげ、29歳。現在、京都伏見の古町屋で甘味マニアな男子大学生と、甘えん坊の子狐との共同生活中。理不尽な退職勧告、結婚予定の同棲彼氏の浮気、と人生計画が木っ端微塵な状況で、京都の地に降り立ってはや一ヵ月。東京とは違うゆるやかな時間の中で自分を取り戻しかけていたが、またもや子狐がらみの怪しい難問が。そのうえ、振り切ったはずの亡霊=元彼までもがあらわれて……。

715円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

京都伏見のあやかし甘味帖 花散る、恋散る、鬼探しのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP