京都伏見のあやかし甘味帖 紫陽花ゆれて、夢の跡 柏てん

京都伏見のあやかし甘味帖 紫陽花ゆれて、夢の跡

著者
柏てん
出版社
宝島社
ジャンル
文芸 小説 ミステリ
配信日
2020年02月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都伏見のあやかし甘味帖 紫陽花ゆれて、夢の跡のあらすじ

ついに決意して町屋を出たれんげは、義経と弁慶を連れて平泉へと向かう。延長した京都滞在は楽しかった。けれど、虎太郎にはたくさん迷惑をかけてしまったし、東京でやるべき手続きもある。だから、仕方ないのだ。そんなれんげだったが、平泉でもあやかしに遭遇! 新たな受難に頭を抱えてしまうのだった……。

715円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

京都伏見のあやかし甘味帖 紫陽花ゆれて、夢の跡のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP