花伏せて 江戸の闇風 二 山本巧次

花伏せて 江戸の闇風 二

著者
山本巧次
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年02月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花伏せて 江戸の闇風 二のあらすじ

小野小町のような容姿で美しい歌声を響かせ る常磐津の師匠・お沙夜は、悪党からカネを 盗む裏稼業を持つ。新たに目を付けたのは町 名主と菓子屋の主人。二人には、商家に詐欺 を仕掛けて、莫大な利益を得ているという噂 があった。指物師や浪人とともに真相に迫 り、大金を掠め取ろうとするお沙夜。だが、火 付盗賊改が彼女に気づき、動き始める……。

679円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

花伏せて 江戸の闇風 二のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP