さらば黒き武士(もののふ) 岡本さとる

さらば黒き武士(もののふ)

著者
岡本さとる
出版社
光文社
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2020年01月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さらば黒き武士(もののふ)のあらすじ

武田軍に攻め込まれ落城寸前の長篠城を救うため、鳥居強右衛門は城を抜け出した。その強右衛門の口から語られたのは、京の町で出会ったある女の話で……(「長篠の蒼空」) 宣教師ヴァリニャーニから織田信長に献上された弥助。信長に気に入られた弥助は、武士として信長に仕えることになるが……。(表題作) その他、感動必至の二編を収録。歴史に埋もれた愛を描く、傑作短編集。(『花のこみち』改題)

715円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

さらば黒き武士(もののふ)のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

さらば黒き武士(もののふ)を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP