画家たちのフランス革命 王党派ヴィジェ=ルブランと革命派ダヴィッド 著者:鈴木 杜幾子

画家たちのフランス革命 王党派ヴィジェ=ルブランと革命派ダヴィッド

ジャンル
芸術
配信日
2020年09月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画家たちのフランス革命 王党派ヴィジェ=ルブランと革命派ダヴィッドのあらすじ

マリ=アントワネットの肖像画家として貴族社会に愛されたゆえ、革命からナポレオン時代の初めまで亡命者として生きたヴィジェ=ルブラン。革命に身を投じたのち皇帝の首席画家となるも、ナポレオン失脚後は故国を追われたダヴィッド。王党派と革命派、女性と男性、そして肖像画と歴史画。対極をなすフランス近代の二大芸術家は、それぞれの運命を生き抜き、数多くの傑作を残した。200点超の図版とともに近代美術史の劇的な幕開けを描く。

2,420円 24ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

画家たちのフランス革命 王党派ヴィジェ=ルブランと革命派ダヴィッドのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP