うちの執事に願ったならば 8 著者:高里 椎奈

うちの執事に願ったならば 8

著者
著者:高里 椎奈
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うちの執事に願ったならば 8のあらすじ

烏丸家に届いた2通の書留と普通郵便。手紙の束を確認しようとした矢先、応接間からベルが鳴った。 花穎だと思い駆けつけた衣更月だが、そこには誰もいなかった。 気の所為かと作業室に戻ると、たしかに机の上に置いておいた書留が1通なくなっていた。 短い時間の中で消えた手紙は誰が何のために持ち去ったのか。犯人は屋敷の中に――。 大人気、上流階級ミステリ!

616円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

うちの執事に願ったならば 8のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

うちの執事に願ったならば 8を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP