銀行VS.証券 腐敗の構造と新展開 生方 幸夫

銀行VS.証券 腐敗の構造と新展開

ジャンル
社会・政治
配信日
2020年08月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行VS.証券 腐敗の構造と新展開のあらすじ

金融スキャンダルは、その病巣を取り除くことなく幕となった。バブル経済の崩壊で、行政・大企業・金融が一体となった「もたれあい構造」が露呈した。大蔵省との癒着関係など、馴れ合い資本主義を脱却しない限り、金融市場の健全化はやってこない。信用破綻を招いた現在、すさまじい生き残り競争が始まった。警告の書! ……病根が残された金融スキャンダルの幕切れで、もはや通用しなくなった日本的ル-ル。大蔵省を解体しなければ金融界の一人立ちはできない!

660円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

銀行VS.証券 腐敗の構造と新展開のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

銀行VS.証券 腐敗の構造と新展開を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP