瓦礫の死角 西村 賢太

瓦礫の死角

ジャンル
文芸 小説
配信日
2021年01月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

瓦礫の死角のあらすじ

比類なき “私小説(賢太文学)” 犯罪 加害者家族の 背負う 罪なき罰 父の性犯罪により解体した“家族” その記憶の瓦礫の下から、影が動く。 七年の月日を経て、服役を終えようとする 「あの人」の影が―― 怪作「崩折れるにはまだ早い」 併録 その逮捕を機に瓦解した家族。 刑期を終えようとする父。 出所後の夫の復讐に怯える母。 家出し、消息不明となった姉。 十七歳、無職の北町貫多は、如何なる行動に出るのか―― 犯罪加害者家族の十字架を描く表題作と、 その表裏をなすも“不”連作である「病院裏に埋める」の両篇に加え、 快作「四冊目の『根津権現裏』」に、 怪作「崩折れるにはまだ早い」(「乃東枯」改題)の四篇を収録。 比類なき文学。

1,562円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

瓦礫の死角のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP