照れ降れ長屋風聞帖 : 1 大江戸人情小太刀 〈新装版〉 坂岡真

照れ降れ長屋風聞帖 : 1 大江戸人情小太刀 〈新装版〉

著者
坂岡真
出版社
双葉社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年11月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

照れ降れ長屋風聞帖 : 1 大江戸人情小太刀 〈新装版〉のあらすじ

日本橋魚河岸と背中合わせの、履物屋と傘屋がひしめく照降町。九尺二間の貧乏長屋に仲人稼業のおまつ、連れ子のおすずと肩寄せ合って暮らす浅間三左衛門は一見冴えない痩せ浪人だが、元は上州七日市藩士、しかも富田流小太刀の遣い手だ。己も素寒貧なのに困った者を放っておけず、今日もおまつに尻を叩かれ、筋を通して一肌脱ぐ。江戸の四季を巧みに織り交ぜ、人の情けと男女の機微をたっぷり描く名手・坂岡真の代表シリーズ、堂々の新装版第一弾!

550円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

照れ降れ長屋風聞帖 : 1 大江戸人情小太刀 〈新装版〉のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP