怖いほど当たる!空海の星占い 令和2~10年版 企画編集部

怖いほど当たる!空海の星占い 令和2~10年版

著者
企画編集部
出版社
マキノ出版
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怖いほど当たる!空海の星占い 令和2~10年版のあらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ■「守護神仏と富士の開運絵画」全27点付(本命宿別) ■令和2~10年の吉凶の波がわかる! ■2037年(令和19年)までの毎日の運気がわかる! 平安時代に空海という僧によって唐からもたらされた 「宿曜占星術」(空海の星占い)は、高野山の僧たちの間で研究が進み、 貴族や僧侶、武将らの間に定着しました。諸文献によると、 源頼朝・義経、武田信玄、真田幸村、徳川家康なども軍略に用いたそうです。  ただし、この占術は口伝のみで伝えられ、 ごく限られた層だけが戦いや成功のために活用してきました。 あまりに高い的中率のため、長い間、一般の者にはこの占いを 使うことすら許されなかったのです。  そうした「秘法中の秘法」を、現代社会に即してまとめたものが本書です。 本書があれば、あなたは必ず、苦境を打開するヒントを手に入れられます。  実際、空海の星占いを活用したかたがたからは 「必要な額ちょうどの臨時収入を得た」「借金完済」「好条件で再就職」 「家族円満になった」などの声が届いています。  皆さんの幸せと豊かさが叶えられることを願ってやみません。 (あいはら 友子<日本画家・女優・僧侶>) ※また電子版にはCD・付録等は付属しません。

891円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

怖いほど当たる!空海の星占い 令和2~10年版のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

怖いほど当たる!空海の星占い 令和2~10年版を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP