RELIC 遺存種博物論【期間限定価格(冬☆電書2020 講談社ラノベ8周年フェア)】 曽我部浩人/鍋島テツヒロ

RELIC 遺存種博物論【期間限定価格(冬☆電書2020 講談社ラノベ8周年フェア)】

ジャンル
ライトノベル
配信日
2019年11月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELIC 遺存種博物論【期間限定価格(冬☆電書2020 講談社ラノベ8周年フェア)】のあらすじ

仙人、魔女、錬金術師、妖怪、魔物、忍者、陰陽師……かつて隆盛を誇ったが現在絶滅寸前の彼らを《遺存種》という。《天狗》の末裔である山峰大央が助けた少女・円は、遺存種たる《魔女》の最後の一人。実は円の目的は、大央の住む街に眠る神話的遺跡・《世界樹》の調査であった。意気投合し行動を共にする二人はやがて見えない敵の妨害を受け始め、未知なる戦いに巻き込まれてしまうが……博物論的オリエンタルファンタジー登場!

100円 1ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

RELIC 遺存種博物論【期間限定価格(冬☆電書2020 講談社ラノベ8周年フェア)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP