ヒトはおかしな肉食動物 生き物としての人類を考える【期間限定価格(冬☆電書2020 ビジネスから雑学まで 冬のロングセラー祭)】 高橋迪雄

ヒトはおかしな肉食動物 生き物としての人類を考える【期間限定価格(冬☆電書2020 ビジネスから雑学まで 冬のロングセラー祭)】

ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2019年11月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒトはおかしな肉食動物 生き物としての人類を考える【期間限定価格(冬☆電書2020 ビジネスから雑学まで 冬のロングセラー祭)】のあらすじ

万物の霊長と自ら位置づけてはいるものの、「文明という厚化粧」を剥ぎ取ったときに現れる人類の姿は、「体毛のない一夫一婦制の哺乳類」に過ぎない。そしてヒトの食物獲得戦略や生殖戦略から浮かび上がる特性は、なんとネズミと恐ろしいほど似ているのだ! いったい、ヒトとは何者なのか!? 目から鱗の「人類学」。※本作品は2005年10月刊行されたものを、文庫収録にあたり再編集したものです。

302円 3ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ヒトはおかしな肉食動物 生き物としての人類を考える【期間限定価格(冬☆電書2020 ビジネスから雑学まで 冬のロングセラー祭)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

ヒトはおかしな肉食動物 生き物としての人類を考える【期間限定価格(冬☆電書2020 ビジネスから雑学まで 冬のロングセラー祭)】の最新書籍ニュース

2019年12月07日 更新

PAGE
TOP