「感謝」と「謝罪」 はじめて聞く日中”異文化”の話【期間限定価格(冬☆電書2020 ビジネスから雑学まで 冬のロングセラー祭)】 相原茂

「感謝」と「謝罪」 はじめて聞く日中”異文化”の話【期間限定価格(冬☆電書2020 ビジネスから雑学まで 冬のロングセラー祭)】

著者
相原茂
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
語学 語学 その他
配信日
2019年11月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「感謝」と「謝罪」 はじめて聞く日中”異文化”の話【期間限定価格(冬☆電書2020 ビジネスから雑学まで 冬のロングセラー祭)】のあらすじ

お世話になったら何度もお礼を言う日本人。中国人はお礼よりも、謝ること・詫びることを繰り返す。これは「お礼を繰り返すなんて水臭い。しかしお詫びは一度で済ませてはいけない」という感情からくるものらしい。かくして「感謝」に敏感な日本人と「謝罪」を重んじる中国人の間には、日常のいたるところに対照的な行動が現れる。日中間のイライラの正体を言葉から探る、中国語教育の第一人者が説く異文化理解へのガイダンス。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

577円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「感謝」と「謝罪」 はじめて聞く日中”異文化”の話【期間限定価格(冬☆電書2020 ビジネスから雑学まで 冬のロングセラー祭)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP