共に在りて 陸前高田・正徳寺、避難所となった我が家の140日【期間限定価格(冬☆電書2020 ビジネスから雑学まで 冬のロングセラー祭)】 千葉望

共に在りて 陸前高田・正徳寺、避難所となった我が家の140日【期間限定価格(冬☆電書2020 ビジネスから雑学まで 冬のロングセラー祭)】

著者
千葉望
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
ノンフィクション
配信日
2019年11月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

共に在りて 陸前高田・正徳寺、避難所となった我が家の140日【期間限定価格(冬☆電書2020 ビジネスから雑学まで 冬のロングセラー祭)】のあらすじ

東日本大震災の大津波は著者の生家・陸前高田の高台にある正徳寺の真下にまで及んだ。その夜から寺に避難した人は最大で150名を数え、庫裏での共同生活が始まった。住職で市役所職員の実弟と坊守の義妹、地域のリーダー、たじろぎつつも支援に立ち上がった全国の僧侶たちの活動を追った、心揺さぶるノンフィクション。

632円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

共に在りて 陸前高田・正徳寺、避難所となった我が家の140日【期間限定価格(冬☆電書2020 ビジネスから雑学まで 冬のロングセラー祭)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP