忍びの滋賀~いつも京都の日陰で~(小学館新書) 姫野カオルコ

忍びの滋賀~いつも京都の日陰で~(小学館新書)

著者
姫野カオルコ
出版社
小学館
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆 ノンフィクション
配信日
2019年11月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忍びの滋賀~いつも京都の日陰で~(小学館新書)のあらすじ

滋賀県愛あふるるエッセイ。 通過してても気づかない!? NHK朝ドラ『スカーレット』の舞台は、日本一スルーされる県だった! ・実は琵琶湖が何県にあるのか知らない人は多い ・「千葉」や「佐賀」とよく間違えられる ・比叡山延暦寺は京都にあると思われている ・鮒鮨の正しい食し方について などなど・・・・・・ おどおどした直木賞作家が、地味でマイナーな出身県の悲哀について、ユーモラスに語ったエッセイ。

924円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

忍びの滋賀~いつも京都の日陰で~(小学館新書)のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

忍びの滋賀~いつも京都の日陰で~(小学館新書)の最新書籍ニュース

現在ニュースの取得に時間がかかっております。しばらくしてから再度表示をご確認下さい

PAGE
TOP