アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書 アンドリュー・O・スミス/桜田直美

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書

ジャンル
ビジネス・経済 実用
配信日
2019年11月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書のあらすじ

大富豪が多いと言われるアメリカなどの欧米諸国では、早期から子どもへの金融教育が導入されています。 10歳ぐらいの子どもが単元未満株どころではなく、本格的な株を持つことは珍しくありません。 実際に株を運用することで、経済状況や株の乱高下など身をもって勉強するという実践教育。アメリカ出身の有名な投資家の多くが、初めて株を持った年齢がほぼ10から11歳であると言われています。 株を運用することは経済学を同時に勉強することになるので、若くして大起業家が誕生するというのも不思議ではありません。 世界では、このように学校の授業の中=カリキュラムの中で「お金」について学んでいるところが多い中、日本ではそうした「マネーリテラシー」を身につけるための授業を受ける機会がほとんどありません。 「一生モノのお金の基礎知識」(いかに稼ぎ、貯め、増やすのか)は、日本以外の海外では、学生時代に叩き込まれる「基礎教養」なのです。 そんな中で本書では、 アメリカの高校生が学んでいる教養として必ず身につけるべき、「世界標準のお金との付き合い方の 基礎知識の教科書(稼ぎ方、貯め方、増やし方)」をひもとき、一冊にまとめます。

1,650円 16ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP