魔法使いと最後の事件 東川篤哉

魔法使いと最後の事件

著者
東川篤哉
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2019年11月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魔法使いと最後の事件のあらすじ

小山田刑事と魔法使いマリィは無事に結ばれるのか? 人気の「魔法使いマリィ」シリーズ最終巻。 オカルト誌に魔法使いの正体を暴かれ、小山田刑事の前から姿を消したマリィ。今回ばかりはマリィに頼らず、人気時代小説作家殺害の謎を解かなくてはならない小山田。偶然を味方につけた犯人の、完璧なアリバイを破ることができるのか?(魔法使いと幻の最終回) 塾講師の夫に、准教授の妻。夫婦間格差にカッとなった夫は妻を撲殺してしまう。しかし即死しなかった妻は、ダイイングメッセージを残していた。それに気づいた夫は、メッセージを加工して罪を逃れようとするが――。(魔法使いと准教授からの伝言) 憧れの女性を奪われたことに我を忘れて、勤務先の先輩を殺してしまった男。その日は折しも土砂降りの雨。証拠の隠滅にもってこいの日だったが、現場に残されていた傘が、真犯人の正体を指し示していた。(魔法使いと五本の傘) 木に落ちた雷をきっかけに、正当防衛に見せかけて金持ちの親戚を殺すトリックを思いついた二人の男。マリィの魔法で真犯人を知った小山田が見つけなくてはならなかったのは「凶器の片割れ」。(魔法使いと雷の奇跡)

1,300円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

魔法使いと最後の事件のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP