明屋敷番始末 北町奉行所捕物控 (7) 長谷川卓

明屋敷番始末 北町奉行所捕物控 (7)

著者
長谷川卓
出版社
祥伝社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年11月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明屋敷番始末 北町奉行所捕物控 (7)のあらすじ

腑抜けた武士どもに鉄槌を! 不遇を託つ伊賀者たちは憤怒した…。「義賊となるのだ」―薬料も満足に払えず、若くして逝った配下を看取り、明屋敷番伊賀者・望月十郎太は心を決めた。困窮する伊賀者の生計を助けるため罪を重ねるうち、次第に大胆になりゆく己を止められず、やがて仲間をも手にかけてしまう。臨時廻り同心・鷲津軍兵衛は、長い針状の獲物《伊賀の縫い針》で屠られた亡骸を目にし背景を探るが、黒装束に身を包む忍びが彼を襲った…!

715円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

明屋敷番始末 北町奉行所捕物控 (7)のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP