金四郎の妻ですが 神楽坂 淳

金四郎の妻ですが

著者
神楽坂 淳
出版社
祥伝社
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2019年11月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金四郎の妻ですがのあらすじ

「嫁に行くがよい」大身旗本の娘けいは、ある日突然、父親から嫁ぐよう命じられる。相手はなんと博打打ちの遊び人。しかも武士の暮らしを捨てたという―男の名は遠山金四郎。覚悟を決めて金四郎を訪ねたけいだったが、目にしたのは、口は悪いが老若男女から頼りにされる金四郎の姿だった。そんな矢先、近隣で殺しが発生。なぜかけいも探索に付き合うことに……!?

715円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

金四郎の妻ですがのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

金四郎の妻ですがの最新書籍ニュース

2019年12月06日 更新

PAGE
TOP