傭兵団の料理番 8 川井 昂/四季 童子

傭兵団の料理番 8

ジャンル
ライトノベル
配信日
2019年10月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

傭兵団の料理番 8のあらすじ

ついに革命決行! 団長と王子が一騎打ち!? あんかけチャーハン、芋煮…異世界グルメファンタジー第8弾!アルトゥーリア城に囚われたアーリウスを助けるため、 「傭兵」としてのタブーを破り、革命を起こしたガングレイブ傭兵団。 シュリは周囲の惨状を見て、 自分がガングレイブを焚きつけたせいだと自責するが、 いつまでも足手まといでいられないと、 炊き出しをして革命兵の英気を養うことに専念する。 リルは盗まれた資料を取り戻すために魔工研究所に向かい、 ガングレイブは王城を目指して一直線に突き進む。 それぞれが己の役割を果たしていき、 遂にガングレイブは遂に王城に辿り着く。 しかし、フリュードが待つであろう謁見の間に踏み込むと、 そこにはアルトゥーリア王が血まみれで倒れていて――。 川井 昂(かわいこう):広島県在住。本作にてデビュー。 四季 童子(しきどうじ):『異世界迷宮でハーレムを』(ヒーロー文庫)、『フルメタル・パニック!』、『セブン=フォートレス』、『モンスターコレクション』などのイラストレーションで知られる人気イラストレーター。

737円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

傭兵団の料理番 8のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP