婆娑羅太平記 道誉と正成 安部龍太郎

婆娑羅太平記 道誉と正成

著者
安部龍太郎
出版社
集英社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年11月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婆娑羅太平記 道誉と正成のあらすじ

時は鎌倉末期。後醍醐天皇率いる軍勢が挙兵し、倒幕の機運が高まっている。強い者につく変節漢としてののしられても己の道を貫いた「バサラ大名」佐々木道誉。そして、天皇への忠節を貫いて華々しく散り、愛国の士としてもてはやされる「悪党」楠木正成。この国の未来を案じ、乱世を治めるべく闘った両雄の行く末は──。この国の礎が築かれた南北朝史に熱き一石を投じる大シリーズ、堂々開幕!!

858円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

婆娑羅太平記 道誉と正成のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

婆娑羅太平記 道誉と正成を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP