経営者の仕事はパーパスを提唱し、実現すること(インタビュー) 著:高岡 浩三

経営者の仕事はパーパスを提唱し、実現すること(インタビュー)

ジャンル
ビジネス・経済 経営
配信日
2019年10月03日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者の仕事はパーパスを提唱し、実現すること(インタビュー)のあらすじ

世界最大の食品会社ネスレは、創業150周年を迎えたことを契機に「生活の質を高め、さらに健康な未来づくりに貢献します」というパーパスを掲げ、社内外で積極的に発信している。同社の経営原則であるCSV(共通価値の創造)を実現するうえで、株主や従業員をはじめ、ネスレの全ステークホルダーと基本的な価値観を共有する必要があると考えたからだ。ネスレ日本代表取締役社長兼CEOの高岡浩三氏は、こうした価値観を組織の内外に浸透させ、その実現に向けた取り組みを着実に進めることは、経営トップの責任であると語る。本書では、ネスレがなぜパーパスに着目したのか、それは経営にいかなる影響を与えているのかを聞いた。 *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2019年3月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

550円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

経営者の仕事はパーパスを提唱し、実現すること(インタビュー)のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP