猿島六人殺し 多田文治郎推理帖【期間限定価格(秋の夜長に読みたいミステリー傑作選)】 鳴神響一

猿島六人殺し 多田文治郎推理帖【期間限定価格(秋の夜長に読みたいミステリー傑作選)】

著者
鳴神響一
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年10月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猿島六人殺し 多田文治郎推理帖【期間限定価格(秋の夜長に読みたいミステリー傑作選)】のあらすじ

浪人者の多田文治郎は江ノ島・鎌倉見物のあと足を伸ばした米ヶ浜で、浦賀奉行所与力を務める学友の宮本甚五左衛門に出会い、対岸の猿島で起きた殺しの検分に同道してほしいと頼まれる。甚五左衛門が「面妖な事件」と評したことに興味をそそられ、承諾した文治郎。酸鼻を極める現場で彼が見たものとはいったい……? 驚天動地の時代ミステリ!

504円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

猿島六人殺し 多田文治郎推理帖【期間限定価格(秋の夜長に読みたいミステリー傑作選)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP