僕は沈没ホテルで殺される【期間限定価格(秋の夜長に読みたいミステリー傑作選)】 七尾与史

僕は沈没ホテルで殺される【期間限定価格(秋の夜長に読みたいミステリー傑作選)】

著者
七尾与史
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2019年10月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は沈没ホテルで殺される【期間限定価格(秋の夜長に読みたいミステリー傑作選)】のあらすじ

バックパッカーの聖地・カオサン通りにある「ミカドホテル」。 日本社会をドロップアウトした「沈没組」が集うこの最底辺ホテルで、殺人事件が勃発。 宿泊者の一橋は犯人捜しを始めるが、三度の食事はすべてドラッグという斎藤、スナイパー気取りのゴルゴ、ゲテモノ食いのチワワら、他の「沈没組」が全員怪しく思えてきて――。 暗黒系群像ミステリ。

423円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

僕は沈没ホテルで殺される【期間限定価格(秋の夜長に読みたいミステリー傑作選)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP