作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997 梶田昌史/田渕浩久

作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997

ジャンル
ノンフィクション 芸術
配信日
2019年10月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997のあらすじ

作編曲家として駆け抜けた46年の生涯とその功績を、 生前関わりのあった著名人たちの証言とともに紐解く。 [撮り下ろしインタビュー掲載] 大江千里、大沢誉志幸、辛島美登里、くま井ゆう子、 小室哲哉、松田聖子、松本隆、八神純子、渡辺美里(五十音順)ほか多数! 大村が生まれ育った福岡でも取材を敢行。 生い立ちから晩年に至るまでをつまびらかにし、 大村とともに多くのヒット曲を生み出したディレクター、 エンジニア、そしてミュージシャンからのコメントも多数掲載。 また業界誌『オリコンORIGINAL CONFIDENCE』 96年2/26号での大村雅朗氏本人の 生前ラスト・インタビューを特別掲載! さらに1,600曲を超える編曲作品リストも! ! 大村雅朗(おおむらまさあき) 1951年生まれ、福岡県出身。幼少の頃からピアノを習い、中学・高校では吹奏楽部に入部。 高校3年時には部長として全国大会に出場。高校を卒業後、ネム音楽院に1期生として入学、 その後はヤマハ音楽振興会九州支部のスタッフを経て78年に上京。 同年、八神純子の「みずいろの雨」の編曲を手がけ、一躍ヒットメーカーに躍進。 中でも作曲・編曲を手がけた松田聖子の「SWEET MEMORIES」は後世に残る名曲となった。 97年、肺不全のため46歳の若さで死去。 日本のポップス界が大村雅朗という天才アレンジャーを失った代償は計り知れない。 [代表曲] 八神純子「みずいろの雨」「パープルタウン」、石川ひとみ「くるみ割り人形」、山口百恵「謝肉祭」、 石野真子「思いっきりサンバ」、松田聖子「青い珊瑚礁」「チェリーブラッサム」「夏の扉」「SWEET MEMORIES」、 河合奈保子「スマイル・フォー・ミー」「UNバランス」、渡辺徹「約束」、吉川晃司「モニカ」「LA VIE EN ROSE」、 薬師丸ひろ子「メイン・テーマ」、岡田有希子「リトルプリンセス」、大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」、 南野陽子「恥ずかしすぎて」、原田知世「早春物語」「どうしてますか」、中山美穂「JINGI・愛してもらいます」 「ツイてるね ノってるね」、渡辺美里「My Revolution」「BELIEVE」、小泉今日子「水のルージュ」他

2,750円 27ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997の最新書籍ニュース

現在ニュースの取得に時間がかかっております。しばらくしてから再度表示をご確認下さい

PAGE
TOP