幼女とスコップと魔眼王 2 電子書籍特典付き 丁々発止/chibi

幼女とスコップと魔眼王 2 電子書籍特典付き

ジャンル
文芸 SF・ファンタジー
配信日
2020年08月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幼女とスコップと魔眼王 2 電子書籍特典付きのあらすじ

【電子書籍には特典として書き下ろしSSを収録】 魔眼王として覚醒した継人とルーリエだったが、継人はサイクロプスを倒した自分たちが他の冒険者や不逞の輩に狙われるのではと警戒していた。その懸念は的中し、早速ルーリエがさらわれてしまった。 ルーリエをさらった誘拐犯を見失い、途方に暮れている継人の前に現れたのはレーゼハイマ商会に所属するBランク商人のフリードと名乗る老人だった。フリードはレーゼハイマの当主が継人に興味があることを告げ、継人はルーリエの捜索にレーゼハイマの力を借りるため、その招きに応じることにした。継人はレーゼハイマの当主と会談し、彼になんとも説明できない異常性を感じ困惑するが、なんとかルーリエ救出の協力を得ることには成功した。 フリードと協力し、ルーリエの手がかりをつかんだ継人だったが、すんでのところで誘拐犯とルーリエはすでに移動した後。しかし、聞き込みの結果、ルーリエは北の街ロゾリークに連れ去られたことが判明する。 そのころ、魔鉱都市ベルグの遥か北の岩場では『三大兇紅』と呼ばれるセフィーナが覚醒、セフィーナ討伐隊が組織されるが、セフィーナは討伐隊を一蹴。なんと、ロゾリークの街を目指し始めるのだった……。

1,188円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

幼女とスコップと魔眼王 2 電子書籍特典付きのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP