三国志 七 望蜀の巻 吉川英治

三国志 七 望蜀の巻

ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年09月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三国志 七 望蜀の巻のあらすじ

吉川英治の代表作。中国後漢の頃。三国志演義を元に日本人向けに書き直され、その後の三国志ブームの礎となる作品。劉備玄徳、関羽、張飛、曹操、諸葛孔明などが活躍。百年の治乱興亡に展開する壮大な物語。七巻、孔明の計略により赤壁の戦いに大敗した曹操。命からがら都へ逃げ帰る。荊州を治めた玄徳であったが、呉の孫権と周瑜は明け渡しを要求する。なんとか荊州を奪取したい周瑜は何度も策を謀るが志半ばに夭折してしまう。※読みやすくするため現代の言葉に近づけていますが、作品の性質上、そのままの表現を使用している場合があります。

220円 2ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

三国志 七 望蜀の巻のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

三国志 七 望蜀の巻を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP