国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか デービッド・アトキンソン

国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか

ジャンル
ビジネス・経済 経済
配信日
2020年08月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるかのあらすじ

「観光立国論」を提唱して訪日外国人観光客激増のきっかけをつくり、「所得倍増論」で最低賃金引き上げによる日本経済再生をとき、「生産性革命」によって日本企業と日本人の働き方の非合理性を指摘した論客が、ついに日本経済低迷の「主犯」に行きついた!その正体は、「中小企業」!これまで、日本経済の強みとされてきた零細、中小企業が、いかに生産性を下げているか、完璧なまでに論証する。そこから導かれる日本再生の道筋とは――。ついに出た、アトキンソン日本論の決定版。

935円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるかのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP