丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。5 著者:竹村優希

丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。5

著者
著者:竹村優希
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。5のあらすじ

丸の内の巨大企業「吉原不動産」。 突如、後継者候補に名乗りをあげたのは、 心霊物件再生部署、第六物件管理部部長の長崎次郎。 実は御曹司であるものの、姓を変え、吉原家と距離を置いてきた彼がなぜ?  部下の澪は混乱するが、先輩の高木が、 「次郎は呪いの標的になろうとしているのでは」と言い出す。 その呪いとは、吉原家の男性後継者は早死にする、というもの。 たまらず、澪と高木は調査を開始するが……。 予測不可能な第5弾!

682円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。5のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP