日本鉄道史 大正・昭和戦前篇 日露戦争後から敗戦まで 老川慶喜 著

日本鉄道史 大正・昭和戦前篇 日露戦争後から敗戦まで

ジャンル
人文・社会科学 日本史 趣味・実用 鉄道
配信日
2019年08月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本鉄道史 大正・昭和戦前篇 日露戦争後から敗戦までのあらすじ

日露戦争後、帝国日本の鉄道は第一次世界大戦期の重工業化と国際化によって黄金時代を迎えた。後藤新平を総裁とする満鉄が設立され、シベリア経由「東京発パリ行き」の欧亜連絡列車の運行が始まる。さらに関東大震災以後の都市化の波は小林一三の阪急、五島慶太の東急などの私鉄を発展させた。大正天皇の大喪輸送とともに昭和の幕が開き、大恐慌を経て戦時動員へ。一九〇七年から四五年八月の敗戦に至る怒濤の四〇年を描く。

885円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

日本鉄道史 大正・昭和戦前篇 日露戦争後から敗戦までのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP