証言 零戦 真珠湾攻撃、激戦地ラバウル、そして特攻の真実【期間限定価格(夏☆電書2019 「あの戦争を考える」講談社の厳選50冊)】 神立尚紀

証言 零戦 真珠湾攻撃、激戦地ラバウル、そして特攻の真実【期間限定価格(夏☆電書2019 「あの戦争を考える」講談社の厳選50冊)】

ジャンル
ノンフィクション
配信日
2019年08月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

証言 零戦 真珠湾攻撃、激戦地ラバウル、そして特攻の真実【期間限定価格(夏☆電書2019 「あの戦争を考える」講談社の厳選50冊)】のあらすじ

零戦初空戦を指揮して敵機全機撃墜、味方の損失ゼロという一方的勝利を挙げ、真珠湾攻撃でも戦闘機隊を指揮した名飛行隊長、進藤三郎さん、海軍屈指のベテラン搭乗員で、フィリピンでの特攻作戦で直掩機として戦友の突入を見守り続けた角田和男さん。「搭乗員の墓場」といわれたラバウルで、二度にわたって被弾負傷しながら最も長く戦い続けた中村佳雄さん他、最前線で敵機と渡り合い続けた6人の元搭乗員が見た戦場の真実とは?

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

証言 零戦 真珠湾攻撃、激戦地ラバウル、そして特攻の真実【期間限定価格(夏☆電書2019 「あの戦争を考える」講談社の厳選50冊)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP