週刊文春が報じた ジャニー喜多川  審美眼と「性的虐待」【文春e-Books】 週刊文春編集部・編

週刊文春が報じた ジャニー喜多川  審美眼と「性的虐待」【文春e-Books】

ジャンル
ノンフィクション
配信日
2019年08月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊文春が報じた ジャニー喜多川  審美眼と「性的虐待」【文春e-Books】のあらすじ

誘い文句は「ユーうち来る?」 断るとデビューに影響が出た――。 2019年7月9日、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が死去した。 数多の男性アイドルを発掘、育て上げた名プロデューサーとしてメディアは彼の業績を美辞麗句で必死に飾りたてたが、それは彼の一部分にすぎない。 東京高裁が認定したように、ジュニアに対する性的虐待が日常的に行われていた。 彼と対峙してきた週刊文春だからこそ知る「ジャニー喜多川」の光と影を、電子書籍として公開する。 ※週刊文春2019年7月25日号の記事を再構成した電子書籍オリジナルコンテンツです。 ※本文中に登場する人物の年齢・肩書き等は初出時のものです。 ※本文中に人物写真は収録されておりません。

199円 1ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

週刊文春が報じた ジャニー喜多川  審美眼と「性的虐待」【文春e-Books】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

週刊文春が報じた ジャニー喜多川  審美眼と「性的虐待」【文春e-Books】を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP