ミュシャから少女まんがへ 幻の画家・一条成美と明治のアール・ヌーヴォー 著者:大塚 英志

ミュシャから少女まんがへ 幻の画家・一条成美と明治のアール・ヌーヴォー

著者
著者:大塚 英志
出版社
KADOKAWA
ジャンル
芸術
配信日
2019年07月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュシャから少女まんがへ 幻の画家・一条成美と明治のアール・ヌーヴォーのあらすじ

「本文では明治三〇年代、あるいは世紀末の日本におけるミュシャ受容の細部を追うことを中心とする。そして一九七〇年前後のミュシャの再発見の過程を終章で描く。それ以降のことは少女まんがの読者にとって自明であり、まんが史の歴史的系譜としてそれぞれが自分の敬愛する創り手の中に(時に作者は意識していないかもしれないが)見出すことが可能だからである。」(本書より)

1,188円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ミュシャから少女まんがへ 幻の画家・一条成美と明治のアール・ヌーヴォーのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP