生か死か 火盗改しノ字組(三) 坂岡真

生か死か 火盗改しノ字組(三)

著者
坂岡真
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年07月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生か死か 火盗改しノ字組(三)のあらすじ

「葵蜥蜴」の尻尾を掴め! 「鬼役」の坂岡真が火盗改の活躍を描く痛快捕物活劇 白昼堂々と商人を襲う盗賊「葵蜥蜴」は元飛脚と目される韋駄天揃い。 火盗改・伊刈運四郎は、一味によって、菜売りの母が娘を遺して刺殺される現場に出くわすも取り逃がしてしまう。 やがて一味の塒が判明し、「しノ字組」は急襲を仕掛けるも空振りに終わる。 そこで、さる寺から紛失した閻魔像の右目の瑠璃玉を見つけた運四郎は、帰路、隻眼の雲水に襲われる。 「杉腰小平太に伝えておけ。わしはまだ生きておるとな」――。 葵蜥蜴、雲水、しノ字小平太の絡みつく因縁……。謎が謎を呼び、運四郎は困惑する。そして再び、白昼に大名貸しの商人が襲われた! 新参同心が悪を絶つべく、大江戸を疾駆する〈しノ字組〉シリーズ、待望の第三弾!

749円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

生か死か 火盗改しノ字組(三)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP