藻屑蟹 赤松利市

藻屑蟹

著者
赤松利市
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸 小説
配信日
2019年07月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藻屑蟹のあらすじ

一号機が爆発した。 原発事故の模様をテレビで見ていた木島雄介は、これから何かが変わると確信する。 だが待っていたのは何も変わらない毎日と、除染作業員、原発避難民たちが街に住み始めたことによる苛立ちだった。 六年後、雄介は友人の誘いで除染作業員となることを決心。しかしそこで動く大金を目にし、いつしか雄介は……。 満場一致にて受賞に至った第一回大藪春彦新人賞受賞作。

691円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

藻屑蟹のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

藻屑蟹を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP