みずから我が涙をぬぐいたまう日【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】 著:大江健三郎

みずから我が涙をぬぐいたまう日【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】

ジャンル
文芸 小説
配信日
2019年07月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みずから我が涙をぬぐいたまう日【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】のあらすじ

天皇に殉じて割腹、自死を遂げた作家の死に衝撃を受けた、同じ主題を共有するもう1人の作家が魂の奥底までを支配する〈天皇制〉の枷をうち破って想像力駆使し放つ“狂気を孕む同時代史”の表題作。宇宙船基地より逃走する男が日本の現人神による救済を夢見る「月の男」。──全く異なる2つの文体により、現代人の危機を深刻、ユーモラスに描く中篇小説2篇。

793円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

みずから我が涙をぬぐいたまう日【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP