毒薬としての文学 倉橋由美子エッセイ選【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】 倉橋由美子

毒薬としての文学 倉橋由美子エッセイ選【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】

ジャンル
文芸 エッセイ・随筆
配信日
2019年07月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毒薬としての文学 倉橋由美子エッセイ選【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】のあらすじ

学生時代、マスメディアに劇的に登場、常に現代文学に挑戦し続ける著者の『わたしのなかのかれへ』『迷路の旅人』『磁石のない旅』『最後から二番目の毒想』『夢幻の宴』の全エッセイ集から、1.日常と文学の周辺、2.作家・詩人関係に集約編集。「性と文学」「文学的人間を排す」他、坂口安吾、澁澤龍彦、三島、埴谷等、35篇。独創的世界を展開する著者の文学観、発想の源流を示す文芸文庫版エッセイ集。

540円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

毒薬としての文学 倉橋由美子エッセイ選【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP