現代詩人論【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】 大岡信

現代詩人論【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】

著者
大岡信
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
文芸 小説
配信日
2019年07月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代詩人論【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】のあらすじ

大正末期から戦後まで、混迷の時代の中で輝かしい光を放った詩人たち――西脇順三郎、金子光晴、中野重治、中原中也はじめ、「四季」の三好達治、立原道造、戦後「荒地派」の鮎川信夫、田村隆一さらに清岡卓行、谷川俊太郎に及ぶ、23人の魅力の源泉に迫る。「詩」と「批評」という二筋道を、一筋により合わせ得る道を自らの内に探求してきた著者の、刺激に満ちた詩人論。現代詩を語る上で、必読の詩人論が誕生した!

729円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

現代詩人論【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP