なぜ私は一続きの私であるのか ベルクソン・ドゥルーズ・精神病理【期間限定価格(夏☆電書2019 学術書ベスト100)】 兼本 浩祐

なぜ私は一続きの私であるのか ベルクソン・ドゥルーズ・精神病理【期間限定価格(夏☆電書2019 学術書ベスト100)】

ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2019年07月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ私は一続きの私であるのか ベルクソン・ドゥルーズ・精神病理【期間限定価格(夏☆電書2019 学術書ベスト100)】のあらすじ

オートポイエーシスという閉じた系の身体でありながら、意識が立ち上がるに際しては外部に連結する開口部を持たなければならないという矛盾。意識という現象はいったい何なのか。脳の働きとの関係はどうなっているのか。それは「私」という一続きの事態をどう成立させているのか。脳科学研究が「意識」の物質への還元を方向付ける趨勢に反駁したベルクソン、さらにドゥルーズの理論を参照し「私」の立ち上がる現場に迫る。

1,171円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

なぜ私は一続きの私であるのか ベルクソン・ドゥルーズ・精神病理【期間限定価格(夏☆電書2019 学術書ベスト100)】のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP