大衆文学論【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】 尾崎 秀樹

大衆文学論【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】

ジャンル
文芸 小説
配信日
2019年07月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大衆文学論【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】のあらすじ

白井喬二、菊池寛らを論じ、先行する大衆文学論を詳細に考察した第一部「大衆文学の理論」。吉川英治、山本周五郎、松本清張らの、作家と作品を論じた第二部「作家の年輪」。時代小説の挿画、落語、浪曲など、大衆文化・芸能を掘り下げた第三部「大衆文学の周辺」。独自の視点で大衆文学を検証し、芸術性偏重の従来の文学観に新たな文学論を提示した画期的評論集。芸術選奨受賞作。

945円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

大衆文学論【期間限定価格(夏☆電書2019 文芸文庫レーベルフェア)】のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP